YouTubeで著作権侵害の申し立てされた!音楽が原因かも?

この記事は4分で読めます

こんにちは。
YouTube集客デザイナーの日野です。

動画をアップロードしていたら、
おそらくほとんどの方が通るであろう
著作権の侵害です。

他人の動画を無断で転載するのは、
明らかにNGですが、まれに悪いことを
していないのに、著作権の侵害の
申し立てをもらうときがあります。

「え~なんで???」

って思いますよね。

いきなりYouTubeからメールがきて、

「あなたは著作権侵害をしています。
ただちに動画を消去してください。」

みたいなこと言われたら、
誰でもビビりますからね。

今回は、この著作権侵害の申し立ての
対処方法と仕組みについて、
お伝えしていきます。

YouTubeの著作権侵害の申し立て

YouTubeには、自分の動画や音楽が
無断に転載されてしまったときに
著作権侵害の申し立て
YouTube側にすることができるのです。

YouTubeにアップされている他人の
動画を編集してアップロードし直すのは、
完全なる著作権の侵害になります。

あと、有名な歌手の音楽をBGMにしても
もちろん著作権は侵害になりますよ。

 

著作権侵害をすると

著作権侵害をしてしまうと、
こんなメールがYouTubeから突然きます。

chosaku

英語だし、なんて書いてるかわからんよ~

とかなりビビりますよね(笑)

かんたんに訳すとこんな感じになります。

著作権侵害の申し立てにより、次のYouTubeの動画を収益化できません。

YouTubeで再生可能ですが、著作権所有者はその上に広告を表示します。

 

では、具体的にどのようにしたら
著作権侵害になるのか?

 

著作権侵害になるものって?

著作権侵害については、いろいろな
サイトで詳しく書いています。

今回は、YouTubeの動画についてなので、
実際にYouTube側が「著作権違反」と
明記しているものをお伝えします。

それが以下になります。

 

  • テレビ番組、映画、オンライン動画などの音声と映像の作品
  • サウンド レコーディングおよび楽曲
  • 講義、記事、書籍、楽曲などの著作物
  • 絵画、ポスター、広告などの視覚的作品
  • ビデオゲーム、コンピュータ ソフトウェア
  • 劇、ミュージカルなどの演劇作品

アイデア、事実、プロセスは著作権の対象ではありません。著作権保護の対象となるには、創作性があり、さらに有形媒体に記録されている必要があります。名称やタイトルそのものは著作権保護の対象ではありません。

【YouTubeでの著作権の基本】

 

ネットの世界は著作権侵害ばかり

ここから見て気づくかと思いますが、

  • おもちゃなどのレビュー動画
  • ゲーム実況
  • イベントの動画

などって著作権に違反してるんですよ…

というか、

ぶっちゃけますと、YouTubeに
アップされている動画というのは、
90%以上、著作権を侵害しているのです。

他のSNSもそうですが、
著作権をきっちり守っていたら
サービスはとっくのとうに
終わってしまっていたでしょう。

ネットの世界は、ある程度の著作権は
見てみぬふりをしているのです。

だから、

著作権侵害を気にしすぎるのは、
逆に動画をアップロードできなく
させてしまう要因にもなりますので、
気にし過ぎないようにするのがコツです。

もちろん動画を丸パクリしたり
するのはNGですよ(笑)

あとは、

有名人の写真を使ったりというのは、
基本的に大丈夫なことが多いですが、
あまりオススメはできませんね。

たまに削除されたりもしますので。

でも、たまに何も著作権侵害に
違反していないのに申し立てをされてしまった
との質問をいただきます。

これは一体何が原因なのでしょうか?

 

自分の動画なのに著作権侵害の報告?

たまにですが、転載動画ではなく、
完全に自分が作成した動画なのに
著作権侵害の申し立てを受けるときがあります。

「えっ?なんで著作権侵害になるの?」

と思った方も多いはず!

自分もそうでした(笑)

いろいろと調べてみると
1つの共通点が見えてきました。

 

フリーの音楽素材を使っている

そう。

それは、フリーの音楽素材
使用しているということです。

フリーだし商用もOKだから大丈夫と
思いきや、著作権侵害って…

実はこれ意外と多いんです。

フリーの音源はたまにですが、
著作権侵害の申し立てをしてくる
団体があるのです。

著作権フリーとされてるが、
実は著作権フリーではなかった…

なんて実例もありますからね…

フリーの音源を使う難しいところが
この著作権なんです。

 

著作権侵害の異議申し立て

ただ、

こちらは別に悪いこともしていないし、
商用フリーのものを使っている!

といったときは

異議申し立て

をすることができます。

では、この「異議申し立て」とは
どのようにやっていくのでしょうか?

 

異議申し立ての方法

まずYouTubeでログインし、
クリエイターツールを開きます。

ano1

 

STEP2

左メニューバーの
「動画を管理」をクリックし、
該当の動画に記載されている
「著作権保護されたコンテンツが含まれています」
をクリックしましょう。

chosaku2

「第三者コンテンツと一致しています」
と書かれている場合もあります。

 

STEP3

そしたら、何秒くらいのとこで
申立人は誰かなどが記載されています。

これを見ても納得できなければ、
赤枠で囲った異議を申し立てる
クリックします。

chosaku3

STEP4

そしたら、著作権侵害の申し立てが
間違っている理由に当てはまるものを
選んでいきます。

chosaku4

STEP5

確認してOKだったら、
「進む」をクリックして完了です。

chosaku5

異議申し立てはこれだけです。

YouTube側に送信され、
異議が通れば、通常通り
動画も収益化されていきます。

 

なぜ発生するのか?

YouTubeには、著作権を侵害しているか
どうかを検出する「Content ID
というシステムがあります。

これは何かというと、
ある一定の条件を満たした
著作権所有者が利用できる
システムなんです。

YouTubeは「Content ID」について
こう明記しています。

著作権所有者は Content ID というシステムを利用して、簡単に YouTube 上の自分のコンテンツを特定し、管理することができます。

YouTube にアップロードされた動画は、Content ID ユーザーが提出したファイルのデータベースに照合され、スキャンされます。システムによって動画とデータベース内のファイルとの間の一致が検出されると、コンテンツ所有者はどのような対処をするか決定できるようになります。この際、該当の動画に対しては Content ID に関する申し立てが行われます。

 

このContent IDは、自動的に検挙して、
自動的に申し立てをします。

このシステムはすごい精度で、
99%の精度といわれています。

この99%がミソ。

100%じゃないから間違い
も起こるっていうことです。

だから、たまにフリーの音源でも
著作権侵害の申し立てを受けるときがあるのです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

このようにYouTubeは、
かなり精度の高いシステムを
使って、検挙しているのです。

ただ、たまに間違うこともありますので、
そんなときは異議申し立てをしましょう。

もちろん動画をコピーしたり、
商用NGの音楽を使ったら
すぐに著作権侵害になりますので、
くれぐれも注意してくださいね。

著作権については、最低限
知っておいた方がいいので、
YouTubeの著作権の基礎知識
は読んでおいた方がいいですね。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
日野 信輔

日野 信輔

YouTube集客デザイナー。メインのYouTube集客だけでなく、サイト集客・他SNS集客などWebマーケティング全般のコンサルタント。以前から障害者雇用に興味があり、福祉×Webマーケティングの組み合わせで、障害者のプロデュースなどを手掛けております。詳しいプロフィールはこちら
【ブログランキング】
いつも応援ありがとうございます!
当ブログを少しでも楽しんでいただけたら、
クリックをいただければとても嬉しいです!




YouTubeマーケティングメソッド
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

YouTubeマスタープログラム

プロフィール


プロフィール

YouTube集客デザイナーの日野です。
動画マーケティングを中心にWeb集客や
Webデザイン関係のことを行っています。

詳しいプロフィールはこちら

ブログランキング

YouTubeデザイン代行

YouTubeデザインのカスタマイズ代行

【人数限定】Skype無料コンサル

Skype無料コンサル