YouTubeのタグとは?超重要な検索キーワードのコツを暴露!

この記事は4分で読めます

こんにちは。
YouTube集客デザイナーの日野です。

けっこういろんな人から
「タグってどれくらい入れた方がいいんですか?」

「タグって意味あるんですか?」

などの質問をいただきます。

たしかにタグってどんな意味が
あるのかをしっかりと教えてくれるとこって
少ないですからね。

実はこのタグ。

再生回数を上げるために
かな~り重要な役割を果たしているのです。

そこで、今回はYouTubeのタグについて
詳しく説明していきますので、
ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Link

YouTubeのタグとは?

Youtubeに動画をアップロードすると
編集の画面でタグという欄があります。

ex

これがタグです。

キーワードを入れるものですね。
このタグをいれることによって、
ジャンルわけをしているのです。

ブログなどでも「タグ」を入れるのですが、
慣れていない方からしたら、
どんな意味があるのかサッパリですよね。

というか、何回も動画をアップしたことが
ある方でもしっかりとタグの効果を
理解している人は少ないかと思います。

YouTubeのタグにはどんな効果が
あるのかをハッキリさせておきましょう。

 

YouTubeのタグの効果

まず初めに、「タグ」というのは、
YouTubeの検索結果には影響はでません!

では、

「タグ」というのは、何のためにあるのか?

実はタグというのは、この動画は
どこのジャンルに属するのかという
カテゴリーわけを行うためのものです。

カテゴリー分けされた動画は、
同じカテゴリーの動画の
関連動画に表示されやすくなります。

だから、

タグのメインの役割は、関連動画に
表示させるために使うものなのです。

 

タグの効果的な使い方

タグの効果について理解したところで、
どんなキーワードをタグに入れれば
再生回数を上げるのに効果的なのか。

そこを明らかにしていきましょう。

 

チャンネルタグを入れる

まず初めにやっておくことは、
チャンネルIDを作ることです。

チャンネルタグは、
マイチャンネルのリンク
入れておくのが無難です。

例えば、

自分のアカウントにログインしたら、
左のサイドメニューから、
マイチャンネルをクリックします。

そのリンクの

https://www.youtube.com/channel/●●●

「●●●」の部分が
あなたのチャンネルIDとなります。

そしたら、動画のタグに
「●●●」を入れるのです。

これを入れておく事で、自分が作った
ビデオの関連動画に
自分の動画が
表示されやすく
なります。

 

関連する動画のタグをコピーする

次に、他の動画からアクセスを集める
テクニックについてお伝えいたします。

それは、
狙った動画の関連動画に表示させる
のです。

では、どうしたらいいのか?

自分が関連動画に表示させたい動画のタグを
自分の動画のタグに入れ込む。

これだけです。

例えば、「野球チャンネル」で
「速いボールの投げ方」という
動画をアップロードすると仮定しましょう。

「速いボールの投げ方」と似たような
動画をアップロードしている動画の
タグを借りてくるのです。

これをするだけで、関連動画に
表示される可能性が格段にアップします!

 

関連するタグとは?

じゃあ、

人気YouTuberのリンクを貼っておけば、
かなりアクセスが集まるじゃん!!!

と思った方も多いのではないでしょうか?

 

それは残念ながら全く効果がありません(笑

なぜかと言うと、まず動画の
関連性がないからです。

人気のある動画のタグを適当に
自分の動画にも入れ込んで、

関連させようとしても
関連動画と判断されることは
少ないでしょう。

「関連動画」というものは、
文字通り動画が関連していないと、
ほとんど意味がないのです。

では、

どういう動画を関連動画として
判断していけばいいのか?

 

関連動画に表示させるには?

関連動画に表示させやすい動画とは、
以下の5つの条件に
あてはまる動画になります。

  • 関連性がある動画
  • 再生回数が多い動画
  • 公開アップロード日が最近の動画
    (公開してそんなに日が経っていない動画)
  • チャンネル登録者が少ない動画
  • 関連動画の数が少ない動画

これら5つに該当する
動画からタグを借りるのです。

 

タグをコピーする方法

「動画のタグを借りるって言ったって、
どこに相手の動画のタグなんか
書いてあるんですか?」

という方も多いかと思います。

安心してください。
実は、タグを見る方法があるのです!

では、その方法を公開しましょう!

 

タグの見方

※現在はこの方法はオススメしません

入れたい動画の再生画面にいったら、
ブラウザーのサイト上で右クリックして、
ページのソースを表示をクリックします。

動画の中で右クリックしても出てこないので、
動画の枠外でやってください)

tag

すると、このビデオが設定している
タグを見ることができるのです。

metaname:keywordの後に書かれているのが、
このビデオに設定されているタグになります。

tag1

上記の画像の場合、44行目の

  • スーパーマリオ
  • メーカー
  • 実況

がタグとなります。

スーパーマリオから実況までを
一括でコピーして自分がアップする
動画のタグに入れば、この動画の
関連動画に表示できる可能性がアップします。

 

コピーするタグの入れ方

※現在はこの方法はオススメしません

先ほどの条件に当てはまる
関連動画に入れたい3つ~5つほどの
動画からタグを引っ張ってくるのです。

タグを入れ過ぎるとスパム扱いになる
可能性になるので、1つの動画から
タグを引っ張ってくるのは、せいぜい
5~10個ほどにしましょう。

なぜおすすめしないのかというと、
自分の動画とまったく関係ない
キーワードをタグで使ってしまう
可能性が高いからです。

関係のないタグはスパムに
なりやすいので注意してくださいね。

 

タグ最新バージョン

現在は、タグは初速のみの効果と
言われています。

動画をアップロードするときに
どのようなジャンルの動画なのかを
カテゴリ分けするために
重要となってくるのがタグなのです。

自分のチャンネルIDとタイトルで
使っているキーワードや複合キーワード
含め、合計3~5個程度にしておきましょう。

 

タグでスパムになる?

前まではYouTube側の規制も緩かったので、
タグを何個入れても、ペナルティを
受けることはなかったのです。

しかし、

関連動画に表示させるために
たくさんのタグを入れまくる
というテクニックが流行ってしまい、

タグスパムという
悪質なスパムになってしまうように
なってしまいました。

だから、

タグというのは入れ過ぎないように
注意してくださいね。

 

まとめ

タグの重要性が理解できましたでしょうか?

たまにタグを一切入れていない動画が
ありますが、これってかなり損しています。

タグを入れれば、関連動画からの
アクセスがもっと増えるからです。

最後にポイントをおさらいしましょう。

関連動画に表示される条件は5つでしたね。

  • 関連性がある動画
  • 再生回数が多い動画
  • 公開アップロード日が最近の動画
    (公開してそんなに日が経っていない動画)
  • チャンネル登録者が少ない動画
  • 関連動画が少ない動画

これらが関連のある動画となる判断材料です。

これらに当てはまる動画からタグを
3~5個ほどキーワードが
重なるものを引っ張ってきて、
自分の動画に入れ込んでいきましょう。

次回から動画をアップロードするときは、
ぜひタグを意識してくださいね。

今回も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
日野 信輔
株式会社Nextwel代表・YouTube集客デザイナー。YouTube集客だけでなく、サイト集客・SNS集客などWebマーケティング全般のコンサルタント。以前から障害者雇用に興味があり、福祉×Webマーケティングの組み合わせで、障害者のプロデュースなどを手掛けております。詳しいプロフィールはこちら
【ブログランキング】
いつも応援ありがとうございます!
当ブログを少しでも楽しんでいただけたら、
クリックをいただければとても嬉しいです!




YouTubeマーケティングメソッド
Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

YouTubeマスタープログラム

編集長プロフィール


プロフィール

YouTube集客デザイナーの日野です。
動画マーケティングを中心にWeb集客や
Webデザイン関係のことを行っています。

詳しいプロフィールはこちら

ブログランキング

【人数限定】Skype無料コンサル

Skype無料コンサル

YouTubeデザイン代行

YouTubeデザインのカスタマイズ代行