YouTube1万再生未満のチャンネルは広告非表示!パートナープログラム改定!

この記事は4分で読めます

こんにちは。
YouTube集客デザイナーの日野です。

またまたYouTubeで大きな動きが
ありましたので、こちらでも
シェアさせていただきます。

今回は、YouTubeパートナープログラムが
改定されたということ。

YouTubeでアドセンス収入を得ている人は
かなり変更点が多いです。

広告に関することですので、
ぜひ一読してみてください。

Sponsored Link

YouTubeパートナープログラムを改定

4月6日にYouTubeが、
YouTubeパートナープログラム(YPP)
を改定しましたね。

何が1番変わったのかというと、

「再生回数が1万回未満のチャンネルには
広告を非表示にする」

ということ。

最近、

なぜか広告が表示されなくなったんですけど~!!!

っていう声を多く聞きます。

それもこれに関わっているのでしょう。

数週間以内に、新らしいレビュー
プロセスが追加されるみたいです。

ちなみに、

まだYouTubeパートナープログラムに
参加していないチャンネルは、再生回数が
1万回以上になるまでYouTubeパートナー
プログラムに参加できないみたいです。

そして、再生回数が1万回を超えたら、
チャンネルがポリシー違反してないかを
YouTubeがチェックします。

そこで、問題がなければYouTube
パートナープログラムに追加してくれて、
はれて広告を表示してくれるとのこと。

チャンネルの総再生数が1万再生です。

動画単体の再生数じゃないです。

 

改定の原因は?

1番有力なのは、

広告主が去っていったから

だと思います。

YouTubeフォーラムでも書かれていましたが、
実際に一部の広告主が広告を
中断しているとYouTubeの人が
おっしゃっていました。

さらに以前、
ニュースにもなっていましたが、

  • マクドナルド
  • トヨタ
  • AT&T

といった大手企業がYouTube広告から
脱却するといった内容です。

こういった背景があり、人気動画を
転載している人や著作権を
侵害する動画をアップロードしている人
たちを締め出そうとしているのです。

あと、

YouTubeの収益が低下
しているんですけど~!!!

って人は、もしかしたら不適切なコンテンツ
提供してしまっているかもです。

 

不適切なコンテンツとは?

ちなみに不適切なコンテンツと
言われても、曖昧だからわからないですよね。

これもYouTubeは親切に
教えてくれています。

以下が内容となっています。

次の要素を含むコンテンツは「広告の掲載に不適切」と見なされます(これらは一例です)。

  • 半裸や性的なユーモアを含む、性的なものを暗示するコンテンツ
  • 大けがや過激な暴力主義の表現を含む、暴力
  • 嫌がらせ、冒涜、下品な言葉を含む、不適切な言葉
  • 薬物や規制対象物の販売、使用、乱用を含む宣伝
  • 戦争、政治紛争、自然災害、死亡など、物議を醸す事件や影響の大きい問題(生々しい画像が表示されていない場合でも)

引用:広告を掲載するのに適したコンテンツのガイドライン

いくら収益があがるからといって、
上記のジャンルの動画をアップ
している人がいたら、ただちに
やめたほうが無難ですね。

いつYouTubeに締め出されてしまうかわかりません。

 

YouTubeパートナープログラムって?

さっきから言ってる
「YouTubeパートナープログラム」
ってなんやねん?

そうそう。

YouTubeパートナープログラムとは、
簡単に言えば、自分がアップした動画に
広告を入れられるかどうかです。

このYouTubeパートナープログラムに
登録していないと、広告が貼れない
ということなんですね。

 

YouTubeパートナープログラムを登録するには?

YouTubeのパートナープログラムには、
どのようにして登録すればいいのか?

YouTubeでは、それも詳細に
教えてくれています。

  • パートナー プログラムがお住まいの国で実施されている。一部の国では、まだ申し込みフォームからのお申し込みが必要になる場合があります。お客様の国でプログラムが実施されていない場合、収益受け取りの設定で通知が表示されます。
  • 広告主にとってメリットが大きい、オリジナルで質の高いコンテンツをアップロードしている。
  • 動画コンテンツが利用規約とコミュニティ ガイドラインに準拠している。
  • YouTube の著作権教育資料を確認済みである(著作権の基本を説明した動画をご覧ください)。
    注: すべての素材の作成者または制作者からの明示的な許可を得ずに次のようなコンテンツを使用している動画は、収益受け取りの対象にできません。
  • 収益受け取りの対象にならない曲や音楽作品
  • 音楽(カバー曲、歌詞、BGM を含む)
  • グラフィックや画像(写真やアートワークを含む)
  • 映画やテレビの画像
  • ビデオゲームやソフトウェアの画像(この種類のコンテンツの収益化についての記事をご覧ください)
  • ライブ パフォーマンス(コンサート、スポーツ イベント、ショーを含む)

引用:YouTubeパートナープログラムの概要

この条件を満たしていれば、
YouTubeパートナープログラムに
登録することができます!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

最近YouTubeもいろいろと変更があり、
戸惑ってしまう方も多いでしょう。

まぁ、1万再生ならアドセンス
やっている人であれば、
すぐ越すかとは思いますが。

あ、あと最近、1万再生以上
いっているチャンネルでも
広告が表示されないという声も多いです。

YouTubeも変更中なので、
これは一時的なものでしょう。

今回のYouTubeパートナープログラムの
改定も、不正に収益を上げている
ユーザーを締め出すためです。

つまり、

以前から言っている、
視聴者の役に立つ(楽しませる)
動画をアップロードしていれば
いいだけなんです。

とてもシンプルですね。

ただ、やっぱりこうも不安定だと
ちょっと心配になってきますよね。

そういった声も多かったので、
YouTubeに左右されずに
普遍的に収益を上げていく方法も
今回お伝えすることとなりました。

動画マーケティングの中の
あるジャンルの第一人者の方と
一緒にやっていきます。

→ 本物の動画マーケティング

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
日野 信輔
株式会社Nextwel代表・YouTube集客デザイナー。YouTube集客だけでなく、サイト集客・SNS集客などWebマーケティング全般のコンサルタント。以前から障害者雇用に興味があり、福祉×Webマーケティングの組み合わせで、障害者のプロデュースなどを手掛けております。詳しいプロフィールはこちら
YouTubeマーケティングメソッド


【ブログランキング】
いつも応援ありがとうございます!
当ブログを少しでも楽しんでいただけたら、
クリックをいただければとても嬉しいです!

Sponsored Link

関連記事

    • にっしー
    • 2017年 4月8日

    これは他人の動画をまるまるパクって再アップロードするコピーチャンネル対策と考えるのが最もしっくりくるのですが、いかがでしょうか?

    • 日野 信輔
      • 日野 信輔
      • 2017年 4月8日

      コメントありがとうございます。

      はい、おっしゃる通り、それもあるかと思います!
      最近、コピーチャンネルがとても多いですもんね^^;

  1. この記事へのトラックバックはありません。

YouTubeマスタープログラム

メディア掲載されました

メディア掲載されました

編集長プロフィール


プロフィール

YouTube集客デザイナーの日野です。
動画マーケティングを中心にWeb集客や
Webデザイン関係のことを行っています。

詳しいプロフィールはこちら

ブログランキング

動画撮影 ブログランキングへ

【人数限定】Skype無料コンサル

Skype無料コンサル

YouTubeデザイン代行

YouTubeデザインのカスタマイズ代行